NORIKO TERADA percussionist

(日本語は下へ ↓)

Biography

Born in Japan, Noriko Terada originally started her musical life with the piano at her age of 3. Later at the age of 11, she began playing the percussion which she quickly fell in love with.

 

Noriko Terada is internationally known for her percussion recordings with hugely popular video game series,Final Fantasy XIII-3 Lightning Returns by Square Enix ( 2014 on sale in USA and Europe). As a multi-percussionist, she has performed at numerous famous venues and festivals/conventions including Carnegie Hall,  Blue Note NY,  Montreal Jazz Festival, TED Conference, Boston Symphony HallPAX EAST, PAX Prime Beantown Jazz Festival, Anime Central, Agganis Arena,Viana do Castelo International Music Festival in Europe, Asia, Australia and USA. She joined multi award-winning group called TAP DOGS  in October 2012. She has been touring with them in Australia, Paris, Hong Kong, Singapore, China, Macau, Germany and Dubai. 

 

Noriko has had numerous high-profile TV appearances, including being featured with Tap Dogs in the CCTV (Predominant State TV in China) entertainment TV program “CCTV New Year's Global Gala 2015”, in ZDF (German-public service TV broadcaster) Summer entertainment festival “ZDF Fernsehgarten”, as well as in the French public national TV channel France 2, “Le Plus Grand Cabaret Du Mondo”.  In Japan, she has been featured in the documentary “Rising Artist” from NHK World and most recently, she has been featured in“Dirty Water”produced by Boston's New England Sports Network (NESN).

 

After graduating at Berklee College of Music, Noriko has shown a great deal of versatility in musical styles including Theater Musical, Jazz, World music, Afro-Brazilian music, Pop/R&B and Classical. She was heavily involved in various bands on the east coast and performed/shared stage with numerous Grammy Award-winning artists such as Anjelique Kidjo, Oscar Stagnaro and Don Was. Also corroborated with many top artists such as Alan silvestri (composer for “Back to the Future”, “Forrest Gump”), Jorge Drexler, Jamey Haddad (Percussionist for Paul Simon), John Weston (Producer for Beyonce, Shakira, Yo-Yo-Ma), Kenwood Dennard (Drummer for Miles Davis), Emily Elbert ( Singer for Esperanza Spalding). She also worked as an accompanist for modern dancers at Boston Ballet, Boston Conservatory and Prometheus Dance.

 Noriko is currently percussionist for Capcom Live! , Video Game Orchestra, Women of the World, Honey Sauce Band, Eren Başbuğ Trio, Yuki Kanesaka Band and Chris Florio Band.

 

寺田典子 

 

茨城県鹿嶋市出身、日本の女性パーカッショニスト。

東京音楽大学打楽器科卒業後、バークリー音楽大学の奨学金を受け渡米、同大学卒業後は国内はもとよりアメリカをはじめ世界各国で活動。

 

ファイナルファンタジーXIII-3 Lightning Returns(byスクエア・エニックス)オフィシャルサウンドトラックCDでパーカッションパートを担当、また逆転裁判6(by Capcom)のオフィシャルトレイラーでパーカッションを担当。その他、国内外を問わず多数のレコーディングに参加。

 

数々の受賞歴を誇り、シドニーオリンピックの開会式でパフォーマンスし話題を呼んだグループ『TAPDOGS』にアジア人初のキャストとしてオンステージドラマーに抜擢される。

これまでに、パリ、ドイツ、オーストラリア、ドバイ、香港、シンガポール、上海、北京、マカオでのワールドツアーに参加。中国の年始に放映される人気エンターテイメントTV番組 “Spring Festival Global Gala"をはじめ、ドイツの人気TV番組 “ZDF FernsehGarten"、フランスの長寿エンターテイメント番組"Le Plus Grand Cabaret"に出演、その他マカオ、オーストラリア、香港、ドバイの雑誌や新聞等で紹介される。

 

またアメリカでは、北米で人気のロックオーケストラグループ、Video Game Orchestra のコアメンバーとしても活動。同バンド台湾デビューコンサート(NHKワールド"Rising Artist"で放映)を始め、

2016年より始動したCAPCOMのオフィシャルワールドツアー【Capcom Live!】のツアーメンバーとして上海、北京、北米コンサートで好評を博す。また全米アカペラコンテストで優勝したワールドミュージックのグループWomen of the World の日本ツアーやレコーディングにも参加。

 

これまでにNYのブルーノートジャズクラブ、カーネギーホール、カナダのモントリオール国際ジャズフェスティバル、TED Talks, ボストン・シンフォニーホール、シカゴのアニメ・セントラル、PAX east 、PAX Prime、台湾インターナショナルコンベンションセンター等、数々のイベントやコンサート会場で演奏。

 

これまでの共演者は、映画『バックトゥーザフューチャ』『フォレストガンプ』の作曲者、アランシルベストリ氏、ドン・ワッツ氏(ローリングストーンズ、ボブディラン等のプロデューサー)、ジョン・ウェストン氏(ビヨンセ、ヨーヨーマ等のプロデューサー)、アカデミー賞シンガーのアンジェリーク・キジョー氏、ケンウッド・ディナード氏(マイルス・デイビス、ディジー・ガレスピー、スティングのドラマー)、オスカー賞受賞振付家ディン・ペリー氏、IMERUAT他、数多くのアーティストと共演し好評を博す。

 

また、モダンバレエのアカンパニーパーカッショニストとしてこれまでに、ボストンバレエ/バレエ学校、ボストン音楽院、ハーバード大学、ウォールナッツヒル芸術学校でアカンパニストをつとめる。

現在、日本国内外を問わず、ワールドミュージック、ラテン、ポップス、ロック、ミュージカル、ジャズ、映画音楽、ビデオゲーム音楽などの幅広いジャンルで活動中。